2007年06月21日

2007年6月21日(木) PM4:45

マックンが虹の橋へと旅立ちました。
病名がわかってから半年。
マックンは頑張りました。
やれることはやったつもりですが、私達の判断ミスで治療を始めるのが遅くなってしまったのは事実です。
いつものゲリだと様子を見ていた時間が長すぎました。
もっと早く病院に連れて行っていれば、こんなに苦しまなくてもよかったのに...
内視鏡の検査をした時点でかなりの栄養障害を起こしてたので、やはり時間が経ちすぎてたのです。
しゃべれないワンコのサインを見逃しては、飼い主失格ですね。
コロコロ太ってた時期もあったのに、最後はやせ細ってしまって骨と皮だけになっていました。
筋肉のない体で、フラフラしながらも散歩に行くのが楽しみだったみたいで、こけては起き上がりオシッコをしていました。
最後は全く立つ事ができず、ずっと寝たきりで目で私達の姿を追っていました。
食欲はなかったものの、お水も飲んでいたし呼吸も落ち着いていたのに・・・
21日のお昼過ぎから真っ黒のウンチを2回しました。
それからはお水も飲まなくなり、意識も朦朧としていました。
ぷくさんにメールを入れると、アニキと一緒に駆けつけてくれました。
みんなでマックンを見守る中、少しハァハァと呼吸が荒くなり、そのまま心臓がゆっくり止まりました。
しんどかったよな、マックン。
今までよく頑張ったね。
これで楽になれるよ。
お空では美味しい物をいっぱい食べていっぱい遊んで、チャコとケンタくんとハッピーちゃんと楽しく仲良く暮らしてね。
11年と5日、ありがとう。
いつまでも家族だからね。

s-スキャン0002.jpg
マックンが家族になった。

s-スキャン0003.jpg
いたずら大好き。

s-スキャン0004.jpg
食べて遊んで寝て・・・

s-スキャン0005.jpg
得意の寝方、ヘソ天。

s-スキャン0006.jpg
チャコのことが大好きでした。

s-スキャン0008.jpg
こんな顔をされると、いたずらをされても怒れません。

s-スキャン0009.jpg
コロコロのフッサフサ。

s-スキャン0007.jpg
チャコとマックン、大好きなツーショット写真。


思い出はたくさんあって、この場では語りきれないですが、
マックンのオチビ時代はこんな感じでした。


最後になりましたが、今までたくさんの方々から励ましのお言葉やご心配をいただき、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。
私達だけだったらどうなっていたことか...
お友達も増え、こんなブログでもやっていてよかったです。
ありがとうございました。

    ちゃま家


ニックネーム ちゃま at 23:59| Comment(7) | マックン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場がお好き?

image/cava-blo-2007-06-21T14:29:08-1.jpg
一晩中見ていても、ほぼ常に目が開いてる状態です。
明け方に少し寝たけど、その後はまた起きてます。
突然ヒュンヒュン鳴いたからビックリしたんだけど、ウンチがしたかったみたいで、いつものように外に連れて行ってと訴えていたのでしょう。
ウンチの最中はとっても苦しそうだったけど、全部出るとスッキリしたみたいで、呼吸も落ち着いてきました。
家より工場の方が居心地はいいみたいです。
クーラー入ってるし、機械や有線のザワザワガヤガヤが心地いいのかもね。
ニックネーム ちゃま at 14:29| Comment(1) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする